メリットが多い冬のシュノーケリング

広い海を満喫したいなら絶対に冬がオススメ!

沖縄で最も人気が高いアクティビティとも言えるシュノーケリングですが、多くの人は夏にしか楽しむことが出来ないアクティビティだと思っているようです。しかし、実際のところ沖縄の海は冬でも水温が20度を超えており、冬季であってもマリンアクティビティを楽しむことが可能なのです。そんな冬のシュノーケリングですが、夏に行うシュノーケリングには無いメリットがたくさん存在しています。その中で最も大きなメリットとも言えるのが「海を広く使える」という点です。 旅行シーズン真っ盛りである夏の沖縄はどこの海に訪れても観光客で溢れかえっています。特に、人気のスポットでは多くの人々がシュノーケリングを楽しんでおり、せっかく広い海を満喫しようと思っても自由に海を泳ぐことが出来ません。もし、思う存分に海を満喫したいのであれば、冬の沖縄でシュノーケリングをする方が良いでしょう。小さなお子さまがいるようなファミリー層には、静かでのんびりとした海を楽しむことが可能な冬の沖縄の方が人気が高いようです。寒さが気になるようであれば、水着ではなくドライスーツを着用することで防寒対策をとることが出来ますよ。これから沖縄でシュノーケリングを計画している人がいれば、混雑の少ない冬の沖縄を検討してみてはいかがでしょうか。

冬の海は美しい!夏より透明度の高い海中世界を楽しもう!

沖縄の海でシュノーケリングをしようと思っている人の多くは、神秘的な海中世界に大きな期待を寄せているのではないでしょうか。日本で最高レベルの美しさを誇る沖縄の海ですが、その沖縄の海が年間を通して最も澄んでいる時期があります。それが1月~3月にかけての冬の期間です。夏に比べて水温が下がっている沖縄の海では、浮遊生物であるプランクトンの発生が減少しています。人間の目には見えないプランクトンですが、数多く発生していると目に見えるレベルで海水の透明度が下がってしまうのです。それゆえ、夏の海は冬の海と比較すると透明度が下がってしまいます。 また、冬の沖縄の海の透明度が高くなる理由として、海水浴を楽しむ人が少ないという点を挙げることが出来ます。海水浴をしている人が多いと海底に溜まっている砂が舞い上がるため、本来の海が持つ透明感が失われます。ですから、混雑の少ない冬季の沖縄の海は濁りのない鮮明さを保つことが出来ているのです。この他にも、冬の沖縄の海でシュノーケリングを行うと夏には見ることが出来ない海中生物と出会えるなどたくさんのメリットがあるので、ぜひ一度は美しさが極まる冬の沖縄の海でシュノーケリングに挑戦してみてください。

竹富島は沖縄の八重山列島に位置する島です。海岸線約9キロメートルの小さな島ですが重要文化財や史跡、自然名所が数多くあります。竹富島のツアーでは島内に点在する各名所を効率よく回れます。