遭遇率が高いホエールウォッチング

沖縄の冬の観光ではホエールウォッチングがおすすめ

沖縄というと美味しいグルメや大自然、歴史的な観光名所が豊富にあり、長期休暇を利用して遊びに出かける人はとても多いです。意外と知られていませんが、冬のシーズンにはホエールウォッチングが観光客の間で人気を博しています。そもそもホエールウォッチングとは、船に乗って海で泳いでいるクジラを観察するアクティビティのことです。クジラは海の深い所を泳いでいる生き物なので、野生のクジラを目にする機会は滅多にありません。しかし、12月から4月の時期になるとザトウクジラが大量に北から沖縄へやってくるので、ホエールウォッチングツアーに参加すれば98パーセントという高い確率で遭遇することができます。

クジラが海中を伸び伸びと泳いでいる姿は迫力満点です。運が良ければ、大きくジャンプをしたり豪快に潮吹きをしたりする光景を目にすることもできますよ。クジラを生で観測できるスポットは、世界の中でもそれほど多くはありません。したがって、冬の時期に沖縄への観光を考えている方は、ホエールウォッチングツアーに一度は参加しておいても損はないでしょう。沖縄にはクジラを見られなかったら全額返金の保証付きのツアーもあるので、安心して参加できますよ。

ホエールウォッチングで気を付けること

沖縄でホエールウォッチングに参加する際、快適に楽しむためのポイントがあります。まず、防寒着をしっかりと着込んで行くことが非常に大事です。沖縄というとそれほど寒くないというイメージが強いですが、海上は風の影響でかなり寒い上に波しぶきがかかることもあります。したがって、寒さから身を守るために厚手のパーカーやウインドブレーカーなどの防寒着を準備しておくと良いでしょう。防寒対策をしっかりしておかないと、寒すぎて風邪を引いてしまいますよ。

その他にも、船酔い対策の為に酔い止めの薬をしっかりと準備しておいた方が良いです。ホエールウォッチングでは大型の船に乗るのですが、3時間くらいは船に揺られることになります。これまで車に乗っていても滅多に酔ったことがないから自分は大丈夫だという人は少なくありません。しかし、車酔いをしたことがない方でも船に揺られると酔ってしまうことが多いです。そのため、酔い止めの薬は念のために服用した方が安心です。また、船は大きく揺れるので、波しぶきがカメラや携帯電話にかかってしまうリスクがあります。水に濡れると動かなくなってしまうので、事前にしっかりと防水対策を行った方が良いでしょう。

サンゴ礁のリーフに囲まれた与論島の旅行では、美しいエメラルドグリーンの海に魅入られること間違いなしです。